『三原市史』を読む会――三原の歴史と現在

『三原市史』を読む会――三原の歴史と現在

 広島県三原市本町の築150年余りの旧清水歯科医院を改修した古民家しみずで、清水靖久は、2021年3月末に民泊とカフェを開きましたが、2023年2月に身体を壊して民泊を休んでいます。療養している間に『三原市史』を読み、歩くことは歩けるうちに、三原の歴史と現在を語りあう会を開きたいと考えました。

『三原市史』全7巻  『三原市史』全7巻は、長い中断の後2006-07年に完結した偉業であり、だれもがこの労作を読むとよいのですが、なかなか読めないし、読まなくてかまいません。三原で生まれ育った清水が外から見た学者の目で『三原市史』を読んで論じますので、それをもとに問答し、一人一人が見聞きした歴史の経験を語りあいたいと思います。


チラシ240518  そのような思いから、『三原市史』を読む会は、2024年4月20日午後2時から、さらに5月18日午後5時すぎから再び、三原市立中央図書館3階の多目的室(2)でこれを開きました。初回は50席に入りきれない参加者があり、二回めも夕方なのに20数人の参加者があって、「原っぱが三つあったまち?」について清水が60分話したあと、三原の歴史と現在について語りあうことができました。
 そのときのチラシをここに掲げておきます。左の小画像をクリックしたら(タップしたら)、チラシを拡大して見られます。1802年の絵図と1903年の写真、1971年頃の写真と2021年の写真は、どれも妙正寺上から(1903年は桜山から)見たものですが、三原城跡周辺や瀬戸内海の眺めが全く異なります。

 この会をもう一回開くことも考えましたが、6月の第三土曜日は予約がとれず、やめました。別の土曜日なら空いていると聞きましたが、難しい問題もあり、また改めて計画を立てることにしました。まだ当分は歩くことは歩けるみたいなので、求めがあれば三原の歴史と現在について話したいと思います。


 当初この会では、三原の歴史と現在について十回くらい同じ参加者と話したいと思って、下のような目次を考えました。4月20日に一回開いてみて、部屋の予約や、参加者への広告など、何回も開くのは大変と感じました。それでも参加者の声を聞いてみたく、十回分の案を下に掲げておきます
三原の歴史と現在 1~10
1)城跡と汽車(20世紀)
2)瀬戸の海の進退(先史~16世紀)
3)三原城と東西両町(16~19世紀半)
4)富国強兵と鉄道(19世紀後半~)
5)空襲寸前の非戦災都市(1945年前後)
6)工都の経済成長(1930-60年代)
7)煤煙と教育熱(1960-70年代)
8)交通拠点の夢(1980-90年代)
9)歴史館と図書館(21世紀)
10)原っぱが三つあったまち(まとめ)